十分なケアと医師への相談が大切

口元

池袋の矯正歯科で治療を受ける場合は、歯に何らかの装置を取り付けた状態を維持し続けることになります。そして、その器具の周辺には当然、食べ物のカスや歯垢が溜まりやすくなるため、日常的なブラッシングよりも入念なケアをする必要があります。一般的な歯ブラシだけではなく、毛がまとまっているワンタフトブラシやマウスウォッシュなどを駆使して、虫歯や歯周病にならないようにしましょう。また、矯正歯科での治療に何らかの不安を抱いている人がいるかもしれませんが、矯正治療を受けている間中ずっと不安を感じているのでは、メンタルに良くありません。そのため、実際に治療を受ける前に矯正歯科で相談して、その不安を解消させておくことが大切です。

見た目のことを考えて

治療器具

池袋の矯正歯科での治療は基本的に、専用の器具を取り付けて力をかけていき、少しずつ歯を移動させるというものです。歯の根元はある程度の弾力性を持っていて、視認できないほど小さな規模で動くという性質があり、それを利用して歯を移動させる形です。移動した歯は短期間だとすぐに元に戻りますが、器具で固定されていると、根元の骨ごと作り変えられるため、きれいな歯並びのまま固定されるわけです。その歯の移動は骨の再生のことも考えて行うため、1年から2年程度という長い期間がかかります。その間はずっと歯に器具を装着し続けることになるため、見た目への影響も考えましょう。特にオーソドックスなワイヤータイプだと、口を開くと確実に視認できてしまうため、日常生活に支障を来す恐れがあります。もし、見た目を意識しなければならないのであれば、透明なマウスピースや歯の裏側に装着するなど、目立ちにくい器具を選択すると良いでしょう。

費用の計算も大事

男性

池袋の矯正治療は一部の例外を除いて、保険適用ができない自費診療扱いになり、矯正歯科がある程度自由に料金を設定することができます。そのため、治療を受ける矯正歯科によって料金が大幅に違うという場合も十分にあり得ます。また、料金が高ければ質の高い治療が受けられるとは限らないので、適正な料金設定と確かな治療内容の両方を重視して、矯正歯科を選ぶことが大切です。料金は治療にかかる期間や使用する器具によって変わりますが、ある程度の相場があるため、まずは複数の矯正歯科に相談して相場を把握しておきましょう。そして、矯正治療の質を確かめる際には、用意されている設備の充実度や、学会から認定を受けている医師がいるかどうかなどが判断材料になります。

広告募集中